忍者ブログ
大学公認麻雀サークル「競技麻雀部」のブログです。 学生No.1を目指し日々研鑽中。(鳳凰民8人在籍) お問い合わせは、uecmahjong☆yahoo.co.jpまで(アドレスは☆を@でお願いします。)
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
のの
性別:
男性
自己紹介:
部員募集中!
基本的に火木の週2で活動してます。
週1からの参加もおkです^^

麻雀を始めたいひとも大歓迎♪
メールかコメントくだされば返答いたします。

自分はスペックの関係上よく天鳳打ってますー
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者アナライズ
[89]  [88]  [87]  [86]  [85]  [84]  [83]  [80]  [79]  [78]  [77

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

麻雀部の検討配信を終えて その1

昨日、ustreamにおいて
天鳳で 個室対戦→検討 という形の配信を行いました。


麻雀部の天鳳配信(録画あります)

さて、この配信後にtwitter上である方から、
打牌に関する興味深い意見をいただきました。
今回は、その意見を、私の考えとともに紹介していきたいと思います。

配信を見逃してしまった、というかたは
上のリンク先に配信の録画がありますので、ご覧ください。



6つにわけて、紹介していきます。
では、さっそく。





 とらぶる 
@ 
 個人的な意見としてはギガマインさんのドラ7萬切りリーチ、ドラ發の時の2ー5pリーチは賛成、特に前者は絶対した方がいいと思います(5万点持ちならなおさら3万5千ならリーチ打ちません)
 2ー5p8000点を發で白暗刻落としでおりてくれる二着目相手なら親は全部いって良い手だと思います(ギガマインさんが野々宮さんの打ち方を知ってるなら特に)



配信上で どちらもリーチすべきではない、と述べた箇所です。
個室での対戦は 段位戦を想定して打つ(ラス回避) と言ってあるので、

ギガマインさんの場合 1位+75 2位+30 3位0 4位-105 (pt)
というポイント配分で打ってもらっています。


まず、
一般的な状況ならまずリーチなのですが、2、3位とも32000点差近くあります。

完全順位戦なので、
ここまでくると点数がリスクを冒して、さらに加点するよりは、
満貫以上の直撃を避ける方針にします。
・カンした対面からのリーチ
・役バック濃厚、両面チーからなのですでに暗刻の可能性も高い下家
に対してのケアができなくなってしまう

以上のことを考えると、
ドラを切ってまでリーチするメリットはあまりない、と考えテンパイは取りません。

また、下記の場面でも同様に
これ以上加点するメリットが少ないので、
河が3段目に入ってドラが見えていない状況でリーチは打ちません。
流局が近くなったらテンパイしてても崩して、局を流しにいきます。

というのが自分の意見です。
ちなみに収支戦ならいずれもノータイムでリーチします。

他にもあるのですが、長くなるので、何回かに分けて書こうと思いますw
意見などありましたらコメ欄、twitterにてお待ちしてます。

PR

無題
今ブログ見ました まずドラ7m6pの局。南家の仕掛けは、良くてドラと字牌のシャンポンか、白發ダブルバック、すでに役牌暗刻のドラトイツなどありますが脅威を感じません。全体的にピンズは高く、特にトイメンにはピンズが高い。ピンズ待ちは出来れば避けたい待ちでした。さてトイメンの手は、染め手にもみえますが、東から打ち出しションパイ北をツモ切り、メンホン手なら手を分断しそうな8pカンも入っていて、すでにかなりまとまっているか、たてよりの手の可能性もあることを感じます。たてよりの手の場合八萬を打っておりドラトイツの可能性もあって気持ち悪さは残ります。しかし3ー6pを先にひいたならいざしらず、ドラが出ていくとはいえ両面の残る形でいれたテンパイなら七萬切りでテンパイをとるのが自然に思えます。そうしないなら最初から手は作らないですし、一巡前に切り出した6sは手に残し六七萬の使いきりやすい形を重視したかもしれません。(5ー8mをひけば1ー4p逆ならその逆の役ありテンパイをとれますが)慎重になるならば七萬切りダマで、様子を見ていいか
もしれません。チーなら無視、ポンならケアします。ドラで打たない形なことも良いです。昔から『3万点トップは攻め、4万点トップは守り、5万点トップは攻め』という麻雀格言があります。これは結構デジタルに基づいている押し引きの戦略です。一番怖い可能性のある相手がラス目であること、トイメンがあがるとさらに下は横並びになりアガリ優先の場になることからリーチを打っても全く悪くないと思いますね。3pダマで拾えそうな場でもないですし、トイメンのハネツモを見守ることもないと思います。
無題
あー今ポイント配分だって気付きました!

それならば守備に重きを置くべきですね。何ポイントとっても一緒なら‥

あの25pは本来なら1pが場にとんでいて良い待ちですが、あの順目で場ゼロならおそらく誰かに対子でしょうし、ド終盤ですから自分は守備に重きをおくので曲げませんね。曲げても悪くはないと思います。南が親になった時はおそらく絞りまくるので親が落ちたあとの席のならびからもトップはカタイでしょう。
無題
南が⇨下家がのミスです

無題
長文ありがとうございます。完全順位によるポイント配分だと、きちんと伝えておくべきでした。すいませんっ

「『3万点トップは攻め、4万点トップは守り、5万点トップは攻め』という麻雀格言があります。」

これ、すごくいいですね!参考になります^ω^
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne