忍者ブログ
大学公認麻雀サークル「競技麻雀部」のブログです。 学生No.1を目指し日々研鑽中。(鳳凰民8人在籍) お問い合わせは、uecmahjong☆yahoo.co.jpまで(アドレスは☆を@でお願いします。)
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
のの
性別:
男性
自己紹介:
部員募集中!
基本的に火木の週2で活動してます。
週1からの参加もおkです^^

麻雀を始めたいひとも大歓迎♪
メールかコメントくだされば返答いたします。

自分はスペックの関係上よく天鳳打ってますー
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者アナライズ
[52]  [51]  [50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

麻雀講座~六本場 実践における読み~

久しぶりの麻雀講座ですねー笑
今回は 六本場 ということで
スケジュール通りだと「初級 押し引き」なのですが、
少しだけ予定を変更して”読み”を扱っていこうと思います。

読み といっても
山読み、当たり牌読み、安全度の読み・・・などいろいろありますが
その中でも”仕掛けに対する読み”についてお話します。



さっそくですが、以下の状況において危険度が高いものを推測してみてください。
※クリックすると、大きい画像が表示されます

ちなみに捨て牌で影がついている牌がツモ切り(ツモった牌を切ること)、
明るくライティングされてるものが手出し(手牌の中から不要牌を切ること)です。
親の仕掛け:5pチー→打9m、4sチー→打7m、6mチー→打中。
なので親は 1p西9m7m3s5p中 という捨て牌です。7mは私がチーしました。



3フーロ読み








いかがでしたでしょうか?うまく推測できたでしょうか?
危険牌を絞り込む技術は特に放銃率を下げる際、有効となってきます。
まず、結論から言うと47s58sが超本命です。次に役牌。
あとはレアケースとして36mの2度受けに当たるかなーという感じです。

当たった! という人もいれば、
んーあんまり・・・ という人もいると思います。
麻雀は考え方が大切です。
当てずっぽうではなく論理に基いて、
ロジカルに危険度を考察していきたいと思います。

[解説]
親の3フーロが入りました。まあテンパイとみてよいでしょう。
ここで一番注目すべきは”6mチーの打中”。

この「」は、下家が仕掛けているので4枚目の「中」です。
つまり、親はアンパイとして持っていたことになります。
中を捨てる以前に親は7m3s5pを捨てているので、
これらの牌が絡んだ待ちではないことがわかります。

たとえば、親が6mをチーする前の
2245m355p中
という手牌から中を切らずに、5pを切ることはありませんよね。
よって4p待ちと仮定すると5pのあとに、中を切ったことと矛盾します。
→結論:4p待ち(5p絡みの待ち)はありえない。背理法ですねw

この「中」切りだけで、だいぶ候補を絞ることができます。
ピンズ・マンズ・ソウズごとに検証していきましょう。

ピンズ
5pが絡まないとなると、ピンズ待ちは2pか8pのトイツしかありません。
しかし8pは下家の8pを鳴かれておらず、
2pも第一打で122pからの打1pは考えづらく、2pトイツの可能性も低いです。
よってピンズはほぼすべて通ります
次にマンズが当たりだと仮定すると7mが捨てられたので、残るは25mか36m
6mをチーする前の形を考えると

3445m+雀頭+中+ツモ牌(3sや5p)
4455m+雀頭+中+ツモ牌(3sや5p)

ということになります。
まず、上の形は4mかツモ牌にくっつけばテンパイであるので、
上記の状況では3sや5pをツモ切る前に、「中」を切ります。
よって6mチーの25m待ちテンパイは否定されます。
同様にして36m待ちも否定したいところですが
くっつきテンパイ形ではないので、3sや5pを切るか中を残すかは、個人によって選択が分かれます。
よって36mのケースは完全に否定することはできません。
ただし点棒状況的に親はなんとしてでもアガリたい場面なので、危険度は若干下がります。

最後にソウズ。
3sが切られているので25sは否定されます。
しかし47sや58sを否定する要素は見当たりません。

ここが本命とみていいでしょう。
47sもしくは58sが場に切られて通った場合は、
もう片方が当たりとして消去法的に、ほぼ一点読みできるでしょう。


・・・さて解説は長くなってしまいましたが、いかがでしたでしょうか?
読みをするかどうかで、
この場面で7sや8sをツモってきた時の対応にも変化がでるし(おそらく聴牌しても切らない)、
逆に、ちょっと危険かも・・・と思えそうな4pをズバっと余裕で切ってしまうこともできます。

”麻雀は再現性のないゲームだ”と、言われます。
要するに同じ場面に遭遇することはないってことです。

じゃあ、この解説は意味をなさないじゃないか!(*`ω´*)
というと、そうではありません。
麻雀を打っていれば、似たような状況に確実に遭遇します。
そのとき、同じようなプロセスで考えられるか ということが大切です。

放銃したときの形を想像する

今回の講座では、この点を身に着けていただけたらな、と思います。
ここから読みを始めると、けっこう危険牌を絞り込める状況があります。
牌譜があったら実践してみると、おもしろいかもしれません。
参考までに実際の牌姿と牌譜URLを最後に載せておきます。
みなさまの雀力UPにつながれば、幸いです。 ではでは~!(^ω^)ノシ



読みの解答

http://tenhou.net/0/?log=2010121420gm-00a9-0000-6e6135af
PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne